FC2ブログ
 
■プロフィール

太陽地所

Author:太陽地所
青森県弘前市で営業している創業42年の不動産会社です。

賃貸管理・斡旋・不動産売買・仲介・査定・買取を行っています。

アパート管理戸数は7,000以上で、青森県No1!
青森県内2,000棟以上の住宅施工実績があります。


青森・八戸・五所川原・函館・大館に支店があり、6市のネットワークがある不動産会社です。

この他にもグループ会社が、青森県内外にホテルや結婚式場を運営しております。

■国土交通大臣免許(1)第9399号
■所在地:青森県弘前市
     大町3丁目1-2
■TEL:0172-33-4445
■FAX:0172-33-4519

■検索フォーム

■カテゴリー
■最近の記事
■占いは好きですか?
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■QRコード

QRコード

■グリムス

カードゲーム
トランプ(カード)は実は和製英語で、
アメリカでは「プレイングカード」と呼ばれてます。
日本でそう呼ばれるようになった由来としては、
明治時代、ゲーム中の外国人の「トランプ!(切り札だ!)」という声がよく聞かれたため、
それを聞いていた日本人が、ゲームそのものをトランプだと勘違いをした。
……なんて説が唱えられているようですね。

どうも、第一営業部の西です。

カードゲーム、たまにやってみると意外と楽しいですよね。
小学校の頃はカードバトルゲームの遊戯王にハマったものですが、
中・高校には大富豪やUNOによく白熱していました。

とはいえ、カードゲームなんてそうやる機会なんて訪れませんし、
別にやりたいとも思わないのが一般的です。私もそうだし。
と、ここで助けになるのがお手元にあるスマートフォン。

上京していた友達に誘われ、嫌々UNOのアプリをDLし一緒に遊んだのですが、
通話しながらやると割と燃えるんですねこれが。
憎まれ口をたたき合いながらただ小さい画面でUNOをしただけではありますが、
あまり面と向かって会うことの少ない友人と遊ぶのはやはり良いものです。

正直、カードゲームが面白いというより遠くの友人と遊べたのが楽しかっただけな気もしますが、
オンラインですぐに繋がり昔同様に遊べるのは今の時代ならではです。
最近会ってないな、という仲の良かった友人・親族がいるようであれば、
ゲームアプリで簡単に繋がるのも、たまには良いのかもしれません。



スポンサーサイト



未分類 | 15:57:41 | Trackback(0) | Comments(0)
穴の話題から考える風潮
おはようございます。
売買担当の赤石です。

最近のブログで穴の話をしました(当初は風の話を考えていた)。

穴といえば、落とし穴ではなく壁の穴。

抜ければ節穴にもなりそうなノゾキアナのような存在。

そうした穴にも様々ある中で話の中に潜む穴というものがあります。

しっかりと全部説明したつもりが十分伝わりきっていない場合も表現として「穴」という言葉を使います。

基本的にはぽっかりあいた空洞のようなものが「穴」ですが、

穴をねらう、穴をあける、穴場、穴埋めをする など直接的な「穴」とは関係ない表現もあります。

本来の視覚的な穴ではなく、隙間や損失、欠損などの表現になります。

それらから考えると一つの言葉から派生していろんな意味を持たせる日本語のなんという難解さと感じます。

前回の強い風・・・今も雨が降る前にちょいちょい強く吹いたりします。

屋根が飛びそうなほどのものも最近は吹いたように感じます。

台風自体は雨をもたらすこともあって風以上に雨が最近は怖くなっています。

いろんな条件(前線)などの影響で非常に強い雨を降らせることもあります。

当社のある弘前市でもそういった雨がつい最近降って、当然風も強かったわけです。

ただ、雨は大量に降り続くと二次災害的な現象も起こします。

最近わかったのですが、大雨が隙間なく降り注ぐと地デジはともかくBSがうつらなくなるのです。

なぜ起こるか雨粒がBSの電波を散らす、拡散させてしまうからだそうです。

BSで録画した番組が大雨の時間帯ビラビラして全く見られませんでしたので調べてみました。

また、「風」の話じゃなくなった・・・どこ吹く風?

売買担当の赤石でした。

今日で41歳になりました。

未分類 | 10:30:51 | Trackback(0) | Comments(0)