■プロフィール

太陽地所

Author:太陽地所
青森県弘前市で営業している創業30年の不動産会社です。
アパート管理戸数は6,000以上で、
賃貸管理、斡旋・不動産売買・仲介・査定などなど行っています。

この他にもグループ会社として、県内外にホテルや、青森・八戸にも
不動産会社があります。

■県知事免許(10)第1708号
■所在地:青森県弘前市
     大町3丁目1-2
■TEL:0172-33-4445
■FAX:0172-33-4519      

■検索フォーム

■カテゴリー
■最近の記事
■占いは好きですか?
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■QRコード

QRコード

■グリムス

第57回 ひまわりセミナー♪
こんにちは
賃貸の北野澤です

今日は、当社に管理を預けて頂いている
オーナー様を対象に「ひまわりセミナー」を
特別開催しました


今回のセミナーは・・・

中林裕雄法律事務所 實籾(ミモミ)弁護士に
セミナー講師をお願いしまして、

『民法改正で賃貸経営はどう変わる?』

というテーマでお話頂きました

s-image-0001_2015071117525927a.jpg

明治時代に制定された「民法」が120年ぶりに
改正され、今後の賃貸経営が今後どのように
変わっていくのか?


難しい「民法」の内容をオーナー目線で
わかりやすく説明して頂き、とても勉強になりました

s-CIMG6376.jpg

s-IMG_1008.jpg

特に「敷金」については、
今まで明文化されていませんでしたが、
新たに「敷金」の規定が新設されます


★「敷金」とは?
いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に
基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする
債務を担保する目的で、賃借人が賃貸人に交付する金銭をいう。


つまり・・・

「敷金」から
未払いの家賃等は充当できるが、
退去後の原状回復費用を充当することはできない。

ということになります


また改正後の「民法」では、

賃借人は、原則として、通常損耗及び経年変化についての
原状回復義務を負わない。

と明文化されます

この内容は、もはや賃貸借の常識と言えますが、
法律が成立すれば、オーナー様は今よりも
厳しい立場になるでしょう


また、私たち不動産会社も
「民法改正」に伴い、
契約書等の見直し、退去後の交渉等
体制を整えていかなければなりません


今後も、オーナーの皆様に役立つ
セミナーを開催したいと思います


アパートをお探しのお客様は
 こちらへ⇒「太陽地所」


関連記事
スポンサーサイト


未分類 | 17:52:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad