fc2ブログ
2020/06/15

虫歯かも…?

現代の歯医者さんのように、歯科治療法が確立していなかった時代。
江戸時代には既に口腔治療を行う「口中医」がいましたが、
民間人にとっては費用やら地位やらで縁遠い存在でした。
当時の民間医療の文献には「大根のおろし汁を耳から注ぐべし」、
などといった末恐ろしい治療法が散見されていますが、
庶民にとって手近にあるもので代用できるような、様々な医療法があったようですね。
効果があったかはさておいて。

どうも、第一営業部の西です。

歯医者ってどうしても行きづらいですよね。
私も右の奥歯に虫歯の疑惑があるのですが、
痛みが全くないので、行ったほうがいいかな? と思いつつも、
実害がない為あまり積極的に行こうとは思えていない状況です。

これは行っておけば良かったと確実に後悔するパターンなのですが、
そこまでわかっていても行くのが面倒な場所、
それが私にとっての歯医者、もとい病院です。

理由は単純に行くのが手間なだけなのですが、
病院は他の施設に比べて倦怠感をすこぶる強く感じてしまいます。
分かる人いますかね?

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント